頭皮ケアはシャンプーで実現|サロン後のツヤツヤ髪は本物志向が肝心

シャンプー

美髪を育むオイル

容器

貴重なオイルの効果とは

さまざまなキャリアオイルの中でも注目を集めているのがアルガンオイルです。アルガンオイルは、気温が50℃以上になるモロッコの砂漠で育ちます。降雨量も年間200mm以下という乾燥しきった土地で根を張って10mほどの大木になります。その実の仁を絞ったものですが、アルガンの木1本から約30キロの実が採れても1リットルのオイルにしかなりません。アルガンオイルは、抗酸化作用が大きいことから細胞の活性酸素を除去して細胞に栄養を与え、水分と油分を保持してバランスを整えます。皮膚の表面を潤すだけでなく奥深くまで浸透するので、皮膚を柔軟にし、新陳代謝を高めてくれます。アルガンオイルを使うことで地肌も髪も健康になって髪が生き生きと艶やかになるのです。

シャンプーの前に、後に

アルガンオイルの使い方はいくつかあります。シャンプーの前にアルガンオイルでマッサージをすると、毛穴に詰まった皮脂や汚れが浮き出てきます。頭皮もやわらかくなり、顔のリフトアップにも効果的です。汚れはシャンプーですっきり洗い流すことができます。シャンプーに少量混ぜ込む方法もあります。洗い上がりはサラサラです。洗髪後、特に傷んだ毛先にアルガンオイルをつけてやさしく揉みこみます。タオルでキャップして湯船につかると髪の芯にもしっかりオイルが浸透してリペアできます。アウトバスでは、ドライヤーで髪を乾かす前に少量のアルガンオイルを手にとって広げ、地肌から髪の先に向かって指で髪を梳くようにして全体に伸ばします。ドライヤーの熱による痛みを防いで、乾いた後しっとり艶が出ます。どれか1つでもサラサラ感が実感でき、組み合わせてケアするとより美しい髪になります。